• アルファの教育理念
  • 小学部
  • 中学部
  • 高校部
  • 個別指導マイウェイ
  • 安心安全通塾制度
トップ > 教室のご案内 > 水橋校 > 教室ニュース > ながら勉強はいけないこと?

ながら勉強はいけないこと?

「ながら勉強」をどう思いますか?

多くの親は、我が子が音楽を聴きながら勉強したり、テレビを横目でちらちら見ながら勉強する姿を見ると、きっと眉をひそめることでしょう。学期末の塾の懇談会でも、そういう話が割とよく出ます。

これについては、私は正直なところ、「ながら」であったとしても、なかったとしても、そもそも家で勉強できるだけまだよいのではないか、と思っています。

子どもの頃の私自身はどうだったか? 中学時代、高校時代の私は、小さなラジカセを勉強机の上に置いて、カセットテープに入れた好きな音楽を聴きながら、とか、夜のラジオから流れるまったくとりとめのないおしゃべりを聞きながら、という環境でなければ、独りの部屋では、そもそも勉強できなかったように覚えています。というか、机に向かって音楽を聴いたりラジオを聞いたりといったことは、私にとってはいつしか、勉強を始めるための欠かすことのできない儀式になっていたように思います。

中学生になると同時に自分だけの部屋を与えられましたが、そこにテレビはなく、昔のことですから、パソコンやゲーム機ももちろんありませんでした。私は、はっきり言って「ながら勉強」でもいいと思うほうですが、とは言っても、耳からだけでなく、目からも、勉強とは関係のない情報がどんどん入って来るような環境では、勉強するのはよほど難しいのではないかと思います。最近の子は、自分の部屋ではなく家族の集まる居間で勉強することも多いようですが、テレビなどがついてさえいなければ、そのことで勉強がしにくくなることはないだろうと思います。むしろ母親が台所で片付け仕事をしていたり、父親が新聞を読んだり仕事の調べものをしていたり、また家族の間の何でもない会話があったりといった、ほどほどの「雑音」がいい刺激になって、むしろ勉強が大いにはかどりそうです。

テレビをつけっぱなしにしていたり、ゲーム機が横にあったりして、勉強とは無関係の刺激的な情報がどんどん目から入ってくる環境は、勉強の妨げになりそうです。家中がそういう環境一色になっていないかどうかは、一度冷静になって見回してみたほうがいいのではないかと思います。家中がそんな状態なのに、我が子が家でまったく勉強しないことに親が腹を立ててみても、それは完全に親の側の落ち度、と言っていいように思います。もしそういうことがあれば別ですが、そうでないのなら、我が子が勉強しやすい環境を作るのに親がさほど神経を使う必要はないと思います。勉強しやすい環境は子ども自身がいろいろ試行錯誤しながら作っていくものだと思います。親も含めて他人の決めたルールに無理やり従わせることはできません。勉強することはそもそもたいへんな(頭の)重労働です。それをどうにかやっていくには、子ども本人が納得できる環境とやり方が必要です。短時日で勉強の習慣が身につき、すぐに成績が面白いように上がる誰にでも有効なやり方があるわけではありません。それを塾に期待する親もいるでしょうが、それは塾が追求すべき課題ではないだろうと私は思っています。人間はロボットではないのですから。子どもにちゃんとまっとうに試行錯誤させてやる、言葉を換えれば、子どもにちゃんとまっとうに失敗と成功の体験をさせてやるのが、親だけでなく私のような塾をやっている者も含めて、大人の務めだと思っています。

ところで水橋校では、授業中も含めていつも小さな音で音楽を流しています。そういうことをするようになってだいぶん経ちます。音楽を流すようになったそもそもの理由は、もともと私は物腰が少し硬くて子どもたちを緊張させてしまうところがあったので、教室の雰囲気を少しでも和らげようと思ったことでした。ただそうは言っても、子どもたちに人気のあるJポップアーチストの歌などを塾の教室で流すわけにはさすがにいかず、定石通りといいますか、会社や役所、そして学校などでも以前からよくやられていることですが、クラシックのピアノ曲とか、小編成の室内楽曲といった、割と大人しめの(?)ものを、ごくごく小さい音量で流し始めました。それが今まで続いています。

音楽がうるさくて勉強の邪魔になってしまっては本末転倒ですから、音はごくごく小さく絞って、教室に置いたスピーカーから何が流れているのか、子どもたちはほとんど分からないことも多いだろうと思います。そもそもおよそ子どもたちが好きな類いの音楽ではないでしょうから、子どもたちにとっては、鳴っていても勉強の邪魔にならないだけのもの、およそ積極的な関心の外にあるものだろうと思います。

その効果のほどはどうなのか。私の気のせいなのかもしれませんが、音楽は教室の雰囲気を和らげてくれているように感じます。例えば中学生の子がテストでとんでもなくひどい点数を取ってきて、私などが思わず叫びたくなる時でも、それをやんわり思いとどまらせてくれるようですし、受験間近で子どもも講師もかりかりしそうになっても、皆の気持ちを静めて冷静にしてくれるようです。教室に流れている音楽などには何の関心もないような顔で勉強に没頭している子どもたちの姿を見ると、やはり音楽が教室の勉強しやすい雰囲気作りに一役買っているのかなという気持ちになります。

(アルファ進学スクール水橋校 涌井 秀人)



▲ページトップ